Archive for the ‘iPadの容量’ Category

初日に買ってきました第3世代iPad(iPad3)。つまり昨日、2012年3月16日です。

新しいiPadのWi-Fiモデル、32GB版、色は白を買いました。
ついでに、低反射の光沢タイプ画面保護フィルム、iPad Smart Cover、iPad Dockも一緒に購入です。
iPad2のDockがあるじゃん、とも思ったのですが、iPad2の時に買ったiPad DockはiPad2が鎮座しています。
とすると、iPad2の充電中は新しいiPadが充電できないし、そもそもあの表面積のブツを机の上に置いておいたら、いつかうっかり画面を割りそうですし、そもそもそんな隙間はありません。おいらの机には。
iPad Smart Coverは、水色にしないで(PRODUCT)REDにしました。
いやぁ、水色の手触りが、、、値段のせいで思っているだけかもしれないですけれども、iPad Smart Coverの本革の手触りはとても良いですよ。
水色を始めとするポリエチレン素材の手触りは、残念な手触りでした。なんていうか、その、ヌトッとしているというか、ピュルンとしているというか、汗ばむ季節には嫌な手触りになりそうだったのでやめました。色は良いんですけれどね。手触りが納得できませんでした。
で、さて本題です。

 

iPadを買って来て思う3つのこと

①金曜日が販売開始日って大正解!
②Retina ディスプレイってだけでも第3世代iPadを買う理由になる
③今日からは第3世代iPadとかiPad3とか呼ばないかも
このサイトのスコープは、iPadを買うか、買わないか、です。
レビューサイトではないので“使ってみた詳細レポート”とか“新しいiPadを丸裸にする”とかを期待している方には的外れかもしれませんが、新しいiPadを買おうかどうか悩んでいる方には、多少なりともお役に立てるかと思っています。役に立つかな。。。役立てると思う。うん。
それではいつも通り、ちょっと掘り下げてみます。

 

①金曜日が販売開始日って大正解!

金曜日の帰宅後、明け方まで掛けて初期設定とか iPad2でアクティブに使用していたアプリの引っ越しやら、ログインとかが必要なアプリでログイン情報や設定を引き継げなかったアプリの初期設定をしていました。あれ、何とかならないんですかね。
お陰で土日はフルに新しいiPadと戯れる時間を確保できます。

これが、金曜日以外の平日だと翌朝の出勤を考えると土日が来るまでじーーーーっと我慢し続けなければいけなくて、全然落ち着かない、仕事に集中できないと思うんです。おいらだけかもしれないですけれども。
だって、欲しくて欲しくて買って手元にあるのに、全く触れないって、拷問じゃないかと思いませんか?子供ですね。おいら。

ちょっとづつやれば良いのでは?
とも思うのですが、なんせ、箱から出したらまずやらなければいけない儀式があります。
画面保護フィルムを貼るんです。箱から出した直後に。
儀式と言っているだけのことはあって、おいらの場合は時間が掛かるんですよ。まずシャワーを浴びなきゃいけないので。

あ、シャワーを浴びなきゃいけない理由は“iPad2に画面保護シートを貼る時の3つのコツ”でも書きましたが、ホント、iPadに画面保護フィルムを貼る前のシャワーor入浴と爪切りはオススメします。

しかも、徹夜で初期設定をすれば土日は新しいiPadとどっぷり戯れる事ができます。
金曜日は販売開始日って、素晴らしいと思います。アップルさんありがとう。

すみません、全部脱線しました。タイトルから脱線してました。

新しいiPadを買うのは休みの前の日が大正解!です。

 

②Retina ディスプレイってだけでも第3世代iPadを買う理由になる

なります。きっと。
NHKの朝の連ドラ観てますか?
連ドラの後の情報番組観てますか?他のチャンネルでも良いんですけれども。

NHKの朝の連ドラ、ものすごくキレイ、きめ細かい、奥行きが感じられる、発色もしっとりしている。いわゆる臨場感があるっていうのは、ああいう事なんだろうなっておいらは感じています。
いや、べつにNHKの朝の連ドラじゃなくてもハイビジョンと言われる画質で収録された番組なら何でも同じようにきれいなんですけれどもね。
で、その後に観る番組の見え方が粗くて、安っぽく見えて、おもちゃっぽく見えてしまうんです。おいら。あと、目が疲れるように感じます。

で、ですね、アップルさんのiPadのウェブサイトには実感が湧かない言葉があったんですね。

新しいiPadは、ハイビジョンテレビより100万も多いピクセル数を持っています。
http://www.apple.com/jp/ipad/features/

素人のおいらには、まぁ、こう思えた訳ですね。
・新しいiPad  : 朝の連ドラの臨場感よりもきっとキレイ!
・新しいiPad以外: フツーの番組

帰宅後、新しいiPadとiPad2を横に置いて見比べてみた訳です。
同じウェブサイト、同じPDFファイル、同じ写真、同じ動画、同じアプリ。

思わず、新しいiPadに苦労してせっかく貼った画面保護フィルムを剥がしちゃいました。
いやぁ、光沢タイプって言っても、やっぱり貼ると若干精細さが鈍って見えちゃったんです。おいらにとっては。
アップルストアの店頭で見たあのキレイさと違うんじゃなかろうか、という違和感があったんです。おいら。
で、新しいiPadとiPad2を並べた瞬間、剥がそう、と思った訳です。
あ、ついでにiPad2の画面保護フィルムも剥がしました。

指紋はコマメに拭き取る事にします。
うっかりぶつけて画面に傷を付けないように気を付けます。

 

③今日からは第3世代iPadとかiPad3とか呼ばないかも

MacBookAirもMacBookProもiMacも、みーんな、そのまんまじゃないか。と。
そうです、いろんな情報系サイトとかニュース系サイトでも触れている事なんですが、やっぱりみんな同じところに辿り着くんですね。

そういえば、iPad2の外箱にはiPad2ではなくてiPadと書いてあります。
iPad2の背面にも、iPad2ではなくてiPadとだけ書いてあります。
初代iPadも、iPad2も、第3世代iPadも、どこもかしこも書いてあるのは全部iPadです。

新しいiPadとiPad2を並べた瞬間「同じじゃん?」と思った訳です。見た目は。
じゃぁ、アップルさんも新しいiPadって言っている事だし、iPadで良いかな、と。
まぁ、言ったり書いたりする時に、表現上、たまには書くと思いますけれどもね。
ただ、第3世代iPadとかiPad3とか呼ばないかもと思った瞬間、なぜだかちょっと淋しさを感じました。うん。

 

さて、まとめます。

①新しいiPadを買うなら休日前が大正解!
②Retina ディスプレイってだけでもiPadを買う理由になる!
③今日からは第3世代iPadとかiPad3とか呼ばないかも

 

そして今日も余談です。

iPad/iPhoneのhostsは、脱獄しないと編集できない。と、今日知りました。
いままで気にしてなかったんです。でも、一昨日、必要に迫られました。
社内に勝手にDNS立てたら怒られるだろうな。バレなかったりして。
世間のアプリ制作会社さんとかウェブ制作会社さんとかはどうしてるんだろう?
自社内のテストならともかく、受託案件の場合には納品先(客先)に「社内のDNSの情報を一時的に書き換えて」なんて言える訳ないだろうしなぁ。。。
hostsをいじって確認しなきゃいけない案件の納品先の場合は個別に開発環境立てて、確認が終わったら本番環境に移植してるのかな。まさか。
MacとかPCでhostsいじってiPad/iPhoneとかスマホのシミュレーターで確認してもらってるのかなぁ。
社内にDNS立てても、お客様が確認できないよなぁ。。。

一時的に希望の内容に書き換えてあげるリゾルバ用のDNSサーバーを時間レンタルで公開したら需要あるのかなぁ。

 

今日も懲りずに結論ファーストでいきます。

新型iPad(iPad3)の容量は、使用シーンと用途で選びましょう。

ですね。
ちなみにおいらは、第3世代iPadを買うなら 32GB版に決めました。

 

参考までに、iPad2は32GB版を購入しました

いきさつは“iPad2のどのモデルを買うのか?”をお読みいただいた方は覚えておられるかもしれませんが、

下記2つの理由で32GB版を買いました。
・16GB版で、もし足りなくても後から増やせない
・何に使えば64GBを無駄無く使えるか思いつかない

で、単純ですけれども、間を取った訳です。えへへ。笑っちゃいますよね。あいだ、だって。あいだ。

さて、約一年経過して、入れたり消したり散々っぱらやってますが、おいらのiPad2はこんな感じの使用状況です。

 

iPad2の中に入っているモノの内訳

アプリ: 128個
写真 : 35枚
動画 : 2本
音楽 : 54アルバム
合計 : 17.65GB使ってます。
残り : 約17.3GB使えるんだそうです。iPad2の設定app曰く。

わっはっは。16GBのiPad2を選んでいたら容量不足でしたね。

余裕があるからと思ってだいぶ無駄遣いしているつもりでしたけれど、32GBはさすがに使い切れなかったですね。
つまり、節約というレベルではなく、浪費しないレベルで使っている分には、iPadは16GBでも足りることが判りました。
音楽はiPhoneに入れておけば足りるし。iPadを持ち歩く時で音楽を聴きたくなるような時と場所に、iPhoneを持たずに行くことはないし。

 

参考までにiPad2を約18GBも占有している内訳は以下の通りです。

iPad2に入っているアプリは、
128個で7GBオーバーです。
元素図鑑とかMapFanとか重量級のアプリがあるんですが、小さいのは5MB以下くらいのが多いし、20〜50MBくらいがボリュームゾーンっぽいです。今度、何を入れて、何を消して、っていうリストアップしてみようっと。

必要最低限なアプリしか入ってなくても事が足りるように思えます。
クラウドってすごいですね。アプリのサイズは小さいのにその数十倍数百倍数千倍のデータをネット上のどこか(クラウド)が預かってくれているのでiPadの中身を浪費せずに済みます。
メールだってGmailとGoogleApps独自ドメインメールなので、メールのデータでiPadの容量を食いつぶす事もありません。

iPad2に入っている写真は、
実家のジーさまバーさまに孫の写真を見せるために、デジカメで撮った写真を移しました。
デジカメで一般的なモードで撮った写真を画面いっぱいに表示してもさすがに奇麗です。
70歳のジーさまバーさまの目にちゃんと奇麗な状態で見えているかは別の問題ですけれども、大きく引き延ばした写真よりも大きいサイズの画面で見られるのが良かったのか、大喜びしてました。

iPad2に入れている動画は、
先日会社でお客様向けに開催したセミナーをiPad2のバックカメラで動画撮影しました。
約50分を2回で、それぞれ3.96GBでした。合計で7.92GBです。
ま、日常的にそんな長時間iPad2で動画撮影しないし。しても、容量が逼迫したらMacに移してiPadから消すし。

iPad2に入れている音楽は、
54アルバムもあって2.7GBです。
いや、実際使わないです。
容量は32GBもあるし、無駄に使っても大丈夫と考えてiPhoneに入れているのと同じまんまiPad2に放り込んじゃいました。
が、、、出先でiPadから音楽を流しながら何かをするなんて、周囲の事があるのでできません。
スライドショーでもやる時のBGMとかしゃれた使い方のシーンにも遭遇しなかったので、実はiPad2では音楽は再生しませんでした。この一年間で一回も。。。

 

で、さて、本題に戻ります。

iPadは、本当は何GBあれば足りるんだ?何GBないと足りないんだ?
17.65GBから音楽の2.7GBと動画の7.92GBを消します。

おいらの場合、iPad3は 7.03GBないと足りません。
で、先日書いたように、新しいiPad(第三世代iPad)は、2,048×1,536の高解像度のRetinaディスプレイをクアッドコアのA5Xチップ・グラフィックプロセッサがきっと快適に画像・動画再生をしてくれると勝手に思い込んでいます。
映画がすごくきれいに見られるんじゃないかと期待しています。
iTunes Store で iPadもHD(1,080p)で映画を48時間レンタルできる時代です。

iPod、iPhone、iPadで映画をレンタルする
http://www.apple.com/jp/itunes/features/#rentingmovies

 

iTunesの映画のところをざざーーーっと見てみたら、2時間モノの映画が、HDで5GBとか4GBとか、SDと言われる標準画質で2GBとか1.5GBくらいです。
アップルさんのよくある質問を眺めると、購入とレンタルのFAQがありました。

iTunes Store:映画レンタルに関してよくお問い合わせいただく質問 (FAQ)
http://support.apple.com/kb/HT1657?viewlocale=ja_JP

購入した映画に関してよくお問い合わせいただくご質問 (FAQ)
http://support.apple.com/kb/HT1657?viewlocale=ja_JP

 

何かのきっかけでHD画質の映画2本をレンタルしたとしましょう。多く見積もって10GBくらいの空き容量が必要です。

映画のために10GBは確保します。
ということで、iPad3では 17.03GBあれば足りる事がわかりました。

はて、、、やっぱり16GB版では足りないんです。おいら。
容量を浪費しないで節約すれば、来る事も無い「もし万が一」に備えなければ、16GB版で足りるんです。おいら。

16GB : ¥42,800円 / 32GB:¥50,800円

 

葛藤している最中ですがまとめます。

第3世代iPad(iPad3)の16GBか32GBか64GBのどれを買うかを考えると、おいらの場合は第三世代iPad(iPad3)は、 32GB版を買います

浪費のために¥8,000円の差額は高いなー。はい。

 

最後に余談です。

信じてもらえないかなと思いつつ書きます。
去年の秋、うちの子供が通う小学校の秋の音楽会の時のことです。
その小学校の音楽会は体育館の後方の壁際に写真やビデオ撮影する人専用ゾーンとして、平均台が用意してあって、その上に早い者勝ちで立てた人だけが撮影できるんです。
まぁ、たいてい、オトーサンたちは写真撮影かビデオ撮影担当な訳ですが、ひときわ目立つオトーサンがいらっしゃいました。
ホントですって。iPad2を横向きにして両手で前方に掲げて突き出しているオトーサン。
撮影してました。子供の音楽会の発表。
異様でした。

が、発表が終わった瞬間、周囲の羨望の眼差しったらありません。
iPadで撮影するのが羨望ではないですよ。そう、あの画面の大きさでその場で確認できるんですね。音楽会の発表を撮影し終わったかの人は、祖父母と思われる方にiPadごと渡しました。
祖父母と思われる方は大切そうにバッグに仕舞って体育館を去ってゆかれました。

その手があったか!と思った瞬間です。