Archive for the ‘iPadケース’ Category

今日は2012年3月16日ですよ。
目が覚めたらアップルストアへ一目散で駆け込みます。午前半休の申請も出してきました。

さて、今日も結論ファーストのおいらです。

 

第3世代iPad(iPad3)を買う前or同時に準備したい3つのモノがあります。

①第3世代iPad(iPad3)の画面に貼る液晶保護フィルム
②第3世代iPad(iPad3)カバー、ケース
③第3世代iPad(iPad3)の充電台かiPad Dock(ドック)

くどいですけれども、iPad2での反省を顧みながらそれぞれを掘り下げてみます。

 

①第3世代iPad(iPad3)の画面に貼る液晶保護フィルム

自宅のiPad2には非光沢(アンチグレア)タイプの液晶画面保護フィルムを貼っています。
iPad2に画面保護シートは必要か?をお読みいただいた方は覚えておられるかもしれませんが、指紋が目立たなそうとか反射しなさそう、とかいろいろ考えて、iPad2の購入時にソフトバンクさんの六本木のお店でセットで買った訳です。

でも、次は光沢の低反射タイプにします。

光沢タイプだけれども低反射タイプ(映り込みが少ない)っていうのもすごいな、と思うんですが、やっぱり皆さん同じようなことが不満で同じような悩みを抱えていたんだなぁと感じました。

非光沢タイプの良かった点
サラサラとしていて触り心地が良いです。
周囲が映り込まないので室内とか照明とか、晴れた屋外の周囲の景色とかが映り込む事はないです。
映り込みが無い事のストレスのなさったら、MacBookAirやMacBookProのガラス画面の映り込みに日常的にイライラしている方にはお判りいただけるんじゃないかと思います。

非光沢タイプの不満な点
おいら、おっさんなので指が脂っぽいんですよ。特に梅雨前後から秋前くらいまで。
真夏なんて最悪です。
あーーーーーっと言う間に、フィルムの表面がテカり始めます。
あ、でも映り込みはしないですよ。
んがしかし、よく触れる場所だけが擦り減ったんじゃないかっていう勢いでテカります。手脂ってコワイコワイ。
iPadの使用中は全く気にならないんですけれども、スリープにした瞬間悲しくなります。
真っ黒な画面の中にマダラ模様でテカってるんです。。。
じゃぁ、全面テカってる光沢タイプにしよう!

そう思った訳ですね。単純です。
光沢タイプなのに低反射タイプという画面保護フィルムが出回っている事も、光沢タイプにしようと思った大きな理由です。
実際に使ってみないと判らないですけれども。
でも、なんで買う前か同時に用意するか。

iPadを箱から出したらすぐに初期設定とかをして使い始めたいんです。
購入時にはアップルさんがそれなりの保護フィルムを貼ってくれていますが、それをそのまま使い続ける人はそうそう居ないですよね?おいらの勤める会社には若干一名いてドッキリしましたけれども。まぁ、それは珍しいという事で。
で、画面保護フィルムを貼るなら、誰が何と言おうと「メーカー出荷時の保護フィルムを剥がした瞬間」です。
剥がすとすぐにホコリを吸い寄せますし、ホコリや指紋を拭き取っても、結局とっても細かなホコリが着きませんか?
ならば、一番まっさらキレイな時に貼ってしまいたい。そう思うんです。おいらは。

 

②第3世代iPad(iPad3)カバー、ケース

画面はガラスなんですよね。強度はあるらしいんですけれども。でも、やっぱり不安じゃないですか。
とすると、やっぱり、なる早のタイミングで蓋になるカバーかケースを付けたいな、と思うんです。

iPad2には iPad Smart Coverを付けています。

色は(PRODUCT)REDを選びました。

第3世代iPad(iPad3)は、若干厚くはなりましたけれども、縦横のサイズは同じです。
iPad Smart Coverが付けられるんですよね。
第3世代iPad(iPad3)にも付けちゃおうかと思っています。
色は、iPadが白だったら、今更ですけれども水色を付けるかもしれません。
アップルストアで試させてもらえたとして、似合っていれば(PRODUCT)REDを付けるかもしれません。
まぁ、色をどうするかはアップルストアで悩むとして、いづれにしてもiPad Smart Coverは買っておきます。

他に興味があるのは、古い本のような形のケースなんですが、さすがに使っている人が隣に座ったらバツが悪そうなので、お金に余裕ができた時にいくつかのケースを気分で付け替えられるようになったら、そのときの候補の一つにしようかと考えています。

 

③第3世代iPad(iPad3)の充電台かiPad Dock(ドック)

側面が、表面から背面に掛けて切れ込むようなシャープさですよね。iPad2ほどではなさそうですけれども。
とはいえ、やっぱりDockコネクタを差し口に挿したら、うっかりポキッと折っちゃいそうで怖いです。
とすると、コネクタをむき出しで直接iPadに挿さなくて済むし、置く台としても役に立つiPadの充電台か、アップルさん純正のiPad Dockが欲しいな、と思うんです。

ちなみに、iPad2を買った後すぐにiPad2 Dockを買って大正解でした。
安いから失敗でもいいや、と思って買ったんですけれども、良い買い物をしました。
おススメです。

 

では、そろそろまとめます。

iPad2を約一年使ってみて、第3世代iPad(iPad3)を買う前or同時に以下の3つのモノを用意しておく事に決めました。

①第3世代iPad(iPad3)の画面に貼る液晶保護フィルム
②第3世代iPad(iPad3)カバー、ケース
③第3世代iPad(iPad3)の充電台かiPad Dock(ドック)

これ以外はあっても無くても何とでもなりますが、おいらにとってはこの3つが無いと困りますし不安です。
ホント、おススメですよ。

iPad 2 Dockと一緒にiPad Smart Coverも買っていたんです。
アップル – Smart Cover – iPadを守って、立てて、彩るカバー。

10色あるiPad Smart Coverの中で、革製の(PRODUCT) RED を選びました。税込6,980円でした。
水色を代表とするポリウレタン製のiPad Smart Coverは、税込3,980円ですね。

iPadSmartCover_product_red

iPadSmartCover_product_red

で、さて、いつもの結論ファーストです。
水色じゃないので風呂フタに見えません。iPad2のホワイトを買っていたら、水色のiPad Smart Coverを買って、SmartTubというアプリを入れただろうな、とは思うのですが。。。

ではなくて、、、iPad Smart Cover を1週間使って感じた4つのことは以下の通りです。

・省エネ&ど忘れによるバッテリー残量減少を防止できる
・着脱が簡単
・実は左利きに優しい
・小さな子供がいる家庭では要注意

さて、いつもながら脱線しつつ掘り下げます。

 

■iPad Smart Cover (PRODUCT) REDを買った3つの目的

1.液晶画面の保護、破損防止

せめて液晶画面は何かで守らないと怖かったので、液晶画面だけをカバーするiPad Smart Coverを買おうと思いました。
iPad Smart Coverを装着している状態のiPad2の展示品をアップルストアさんとかソフトバンクショップで触るたびに、これで十分なんじゃなかろうか、と思うようになったのも一因です。

 

2.埃が溜まりやすい場所が少ない

会社の初代iPadは、アップルさん純正の黒いiPadケースに入れてあります。あれ、入れづらいんですよね。出しづらいし。野暮ったい。
純正のiPadケース以外でも、友人や同僚が使っているiPadケースを触らせてもらうたびに目に付いていたのが、液晶画面とケースの境目のゴミ・ホコリ、そして、拭き取りきれない指紋。
液晶画面とケースの境目にはケースの素材の厚みの分の段差があるから当然と言えば当然なのですが、段差部分に拭き取りづらいホコリや指紋が残ってしまいがちです。せっかくおしゃれなiPad2を買ったのに、ゴミとか指紋まみれは嫌だな、、、と。

きれいなiPad2を維持するには、こまめなお掃除が欠かせないですけれども、ケースから出し入れするのが面倒では続かないな、と悩んでいたところで、マグネットで一発着脱なところが気に入ったんです。

 

3.お手軽

Smart Coverを開閉することでiPad2を自動でロックとスリープから復帰できるんですよね。お手軽です。
パクッとというかペラリとiPad Smart Coverをめくって開けばロックが解除されます。パスワード(パスコード)の入力は必要ですけれども。
いちいちホーム画面を押さなくてもいいんです。こりゃ楽チンですよ。

 

■iPad Smart Cover (PRODUCT) REDを選んだ5つの理由

1.赤が好きだから。

iPad2のブラックを買ったし、似合う色としても赤が映えそうだったので、迷わず好きな赤色をチョイスしました。
アップルさんの(PRODUCT) REDはiPod nanoとかでも出たことがあったようにとても素敵な赤色です。
できればiPad2のカラーバリエーションに(PRODUCT) REDを加えて欲しいと真剣に考えています。

 

2.革製だから。

iPad Smart Coverの革製とポリウレタン製を見比べました。触り比べました。表も裏も。
価格差は3,000円で1.75倍もありますけれども、使えば使うほど味が出る革製と、使えば使うほど汚れが目立ちそうなポリウレタンだと、圧倒的に革製に魅力を感じたんです。おいら。
(PRODUCT) REDが革製で良かったです。

 

3.限定だから。

(PRODUCT) REDの革製カバーは、実店舗かオンラインのApple Store限定なんですね。
限定に弱いんですよ。おいら。弱くて良かった♪

 

4.iPad2の裏面と側面が見える

前面は高級感漂う全面ガラス張りで、側面から裏面に掛けてアルミ素材の色を活かした全面アルミニウム。
直線も曲線もすべてが美しいと思っています。そのくらいiPad2の姿形が気に入ってます。
なのに、それを隠してしまうカバーとかケースは、、、ホントはカバーなんて付けたくないんです。ケースになんか入れたくないんです。
でも、せめて液晶には何かカバーを、と思ったわけです。心配性ですかね。
で、表面というか液晶画面だけをカバーするケース類は、2011年5月6日時点ではこのiPad Smart Cover以外においらは見つけられませんでした。

 

5.はずしたら、オン。つけたら、オフ。

iPadカバーによるロックの機能に対応しているカバー、ケース類は、2011年5月6日時点ではこのiPad Smart Cover以外においらは見つけられませんでした。
iPad Smart Coverを画面に被せれば自動的にロックしてスリープしてくれるのは『たったのひと手間を減らすだけ』だけれども『とっても魅力的に思えた』んです。
しかもその自動ロックは、iPad Smart Cover を買って来て何も考えずに取り付けるだけで自動的に有効になってくれるというお手軽仕様で、至れり尽くせりです。

 

■iPad Smart Cover (PRODUCT) REDを買って良かったこと、メリット

1.省エネ&ど忘れによるバッテリー残量減少防止

このギミックは素晴らしいですよ。カラクリでありながら機能として必要最低限でも、最高の効果を発揮してくれます。
普段は5分で自動的にロックするように設定していますけれど、長時間ほっぽっておきたい時などに自動ロックを“しない”設定にしたまま、ついついロックする設定に戻すのを忘れちゃうんですよ。おいら。
気付いた時には充電が残り23%とかになっていてヒヤヒヤしてました。4/28にiPad2を買ってから5/9にiPad Smart Coverが到着するまでは。そう、何度も何度も、です。

と~ころが、iPadカバーによるロックの機能をオンにしていれば、自動ロックをしない設定にしていてもSmart Coverを閉じるだけでちゃんとスリープしてくれます。
便利よりもバッテリーの減りを抑制できるメリットが大きかったのは嬉しかったです。

 

2.着脱が簡単

iPad Smart CoverをiPad2に付けるのはとても簡単です。
付ける位置さえ全く気にしなくて良いです。うちの子供も一発で、ズレずに付けられます。

iPad Smart Coverの蝶番というかヒンジというか、本で言うところの綴じ部にあたる側面に着く長細いパーツ、ジョイントって呼ばれる金具の長いパーツの長さは約167mmくらいあります。
iPad2の高さは241.2mmで、隅のカーブを除くと直線部分の長さは大体220~225mmくらいです。かなり細長いので、裏返しにくっ付いたら面倒くさそうに思えたんですが、一度も逆向きに着いたことはありません。

iPadSmartCover_joint

どんなカラクリなんだろう。。。
マグネットがSNSNSN….の交互だと微妙にズレてくっ付きそうだし、SSNSNNS….との並びかななどなど、考え始めると面白いです。
たぶんちゃんと考えられていて、きっと何度も何度も失敗を繰り返して作ってくれたんじゃないですかね。
ありがとう、アップルさん。

 

3.実は左利きに優しい

よくある左開きです。つまり、左側が綴じられている状態です。
左下にジョイントの金具が出っ張るんですよ。
右利きだと左手でiPad2を持って右手で操作する人が多いんじゃないでしょうか。
そんな時、左下の金具、気にならないんですかね。左手の手のひらにジョイントが当たりますよね。気になるのはおいらだけですかね。

右手で持って左手で操作する左利きの人は、裏返したiPad Smart CoverのフタをiPad2本体と一緒に持つだけです。
半分くらい左利きのおいらにとって、手のひらに金具が当たらないのはとても心地よいです。

そうそう、試しにiPad Smart Coverのジョイントを左側ではなくて右側に付けたらどうなるんだろう?そもそもちゃんと右側にも付くのかな?と疑問に思ったので付けてみました。はい。
結果、付きませんでした。
当然ですよね、iPad2は右上の側面にボタン類が付いていました、そういえば。
ジョイント全体の長さは約203mmくらいでした。iPad2の直線部分の9割も占めるんですから、そりゃボタン類と干渉しちゃって付けようがないです。

 

■iPad Smart Cover (PRODUCT) REDのダメだった点、デメリット

小さな子供がいる家庭には向いてないかも

これをデメリットと言うのは気がひけますね、、、、注意点とでも言いますか、、、。
小さなお子さんがいるご家庭では、(PRODUCT) REDに限らず気を付けてください。

引っ掻き傷が絶えません。。。子供は無意識なんでしょうけれども、引っ掛けたり引っ掻いたりするんです。
と、革製なので引っ掻き傷がへこんだり色が削れて薄くなったりします。

あとは、ところ構わず使うので、裏地のソフトなマイクロファイバーにスナック類のおやつの脂じみが。。。
iPad Smart Coverを閉じると、iPad2の液晶画面に小さな脂じみが着くという悲しい結末を迎えます。
それでも使い続けますよ。もちろん。。。