iPad2の3G+Wi-Fiモデルのプリペイド契約でもGPSは動くのか心配はしてたんです。
初代iPadでは大丈夫というブログの記事やら情報系のサイトの記事やらを見かけていたのですが、iPad2でそこがどうなるかを明言していたサイトを見つけられなかったので、iPad2の3G+Wi-Fiモデルをプリペイド契約で買う直前も、買っちゃってからも、内心、実はヒヤヒヤしてました。

で、アプリをいくつか入れた中にGPSと連動するアプリがあったことで、たまたま確認できてしまったのでメモがてら書いておきます。

最近実践している結論ファーストで。

iPad2の3G+Wi-Fiモデルのプリペイド契約で、

3G通信機能をオフ(OFF)にしていてもGPSは動くのか?

結論、動きました。動いているように見えます。

ほんの数秒で位置合わせしてくれました。精度も良いです。

いや、狙って試したんじゃないので『こうやればOKだぜ!』っていう記事ではないです。それは後日ゆっくり書こうかと思います。

また、確実に大丈夫と言い切る自信もないので、後でいろいろな方法を考えて更に確認してみたいと思っています。

画面保護シートを貼り終わって、あれこれ設定をして、アプリを入れて、それぞれのアプリの初期設定をしていた時に、たまたま気づきました。

設定メニューで3G通信を切っていたのを忘れて『Shufoo!』を起動したんです。シュフーチラシアプリですね。
現在地を確認し始めたと思ったら、ほんの数秒で自宅近隣の名前を知っているスーパーとかが一覧でどばっと出るではありませんか!!!

ホントかよ、と疑いました。
実は自宅の無線LANルーターにISPが動的に割り当てているIPアドレスのデータベースから凡その地域を読み出してるんじゃないのか?とか。
でも、次の瞬間、そんな手間もお金も掛かる方法で現在地を特定しないよな、と思い直して、標準でインストールされていた『Map』アプリを起動しました。
地図アプリですね。起動すると現在地を表示してくれて、拡大縮小したり自由に移動させて見たい場所の細かな地図を表示してくれる便利なあの『Map』アプリです。

すると、なんということでしょう。
ものの数秒で我が家のマンションのとなりのマンションを指し示してくれました。
ということで、iPad2の3G+Wi-Fiモデルで3G通信機能をオフにしていてもGPSは正確に動いているように見えました。

冒頭でも書きましたが、更にいろいろな方法で試して、3G通信機能をオフにしていてもGPSが動くのかを掘り下げて確認してみる予定です。

素敵です、iPad2。

2 Comments

  1. a says:

    > 実は自宅の無線LANルーターにISPが動的に割り当てているIPアドレスのデータベースから凡その地域を読み出してるんじゃないのか?

    やってますよ。周りの無線LANのSSIDを使うみたいです。
    iPod touch でもすぐに出てきます。

  2. じょに~ says:

    コメントをありがとうございます。
    なるほどですね、iPod touch でもすぐに出てくるのですか。
    いろいろな方法を考えて、試してみます。
    掘り下げる楽しみが増えました。
    ありがとうございました。

Leave a Reply