さぁ、待ちに待った新しいiPadがアップルさんから正式に発表されました。
iPad3だと思ってたら、第3世代iPadなんだそうで、なんだかiPodみたい。
待望の発売日は、日本では2012年3月16日ですね。しかもWi-Fi版はOnlineのAppleStoreで今日3月8日から予約受付開始してます。
で、さて、このサイトのスコープはくどいですけれども、iPadを買うか、買わないかですので、全力で第3世代iPadの注目の新機能の紹介をするわけではなく、どこまでもiPad3を買うか、買わないかに絞ったお話です。

 

気になるモデル構成やスペックは、

色: 定番の黒とiPad2からの白
ディスク容量: いつも通りの16GB/32GB/64GB
通信装置: Wi-Fiのみ、とWi-Fi+Cellular(4G LTE)
サイズ:
縦:241.2mm(初代比:-1.6mm,iPad2比:±0mm)
幅:185.7mm(初代比:-4.0mm,iPad2比:±0mm)
厚さ:9.4mm(初代比:-4.0mm,iPad2比:+0.6mm)
重量:652g(Wi-Fi)/662g(Wi-Fi+Cellular)(初代比:-28g/-68g,iPad2比:+51g/+49g)
気になるお値段は、ディスク容量と通信装置の組み合わせで、
・Wi-Fi+Cellular(3月8日am6時時点では不明)
16GB : ¥ / 32GB:¥ / 64GB: ¥
・Wi-Fiモデル
16GB : ¥42,800円 / 32GB:¥50,800円 / 64GB: ¥58,800円
悩ましいなぁ。
で、さて、脱線しないうちに本題です。

 

第三世代iPadの気になる7つのポイント

アップルさんのiPadの紹介ページをくまなく見渡すと、どうやら新機能やら注目ポイントは以下の7点じゃなかろうかと思います。

http://www.apple.com/jp/ipad/

そのまんま、第3世代iPadを買うか、買わないか悩んでいる場合ではないと思う7つの理由になりますね。

グラフィック性能が大幅に強化
①Retinaディスプレイ
②クアッドコアのA5Xチップ、グラフィックプロセッサ
最高に美しく撮れるカメラ
③5メガピクセルiSightカメラ
④1,080p HD動画の撮影
超高速ワイヤレス接続
⑤4G LTE対応(日本国内ではソフトバンクさんで3Gのみ対応)
⑥専用ホットスポット機能
声で文字を打とう
⑦音声入力
iPad Smart Cover 健在
iPad2は値下げして継続販売

 

では、おいらの独断と偏見に満ち溢れた注目度順に、第3世代iPadを買うか、買わないかに絞ってそれぞれを掘り下げてみることにします。

グラフィック性能が大幅に強化
①Retinaディスプレイ

 

“その目を驚かせる鮮やかさ”と銘打たれている通り、やっと、iPadの大画面の本領を発揮できるようになったんじゃないかと思います。

これだけで、第3世代iPadは“買い”なんじゃないかと思います。

Retinaディスプレイで、従来比4倍の高画質です。4倍。
画面解像度が縦1,024から2倍拡大されて2,048px、横768pxから2倍拡大されて1,536pxになるとは、嬉しいです。
あ、面積というか密度が縦2倍×横2倍なので4倍ですよ。
おいらは最初「2倍じゃん?」って思っちゃいました。アホです。すみません。

画面のきれいさはアップルさんのiPadのページの至る所でデカデカと書かれてますね。
注目度満点です。これが第3世代iPadに対するアップルさんの思いの全てではなかろうか、とさえ思えます。

Retina Displayはそんなにきれいなのか?
きれいですよ。iPhone3GからiPhone4に機種へんした時の感動と同じか、それ以上に感動しそうな予感です。
iPhone3GからiPhone4に機種変更した方はその時の感動を覚えてますか?
でも264ppiか。iPhone4より若干解像度が低いのかぁ。

実機を触ったら、後日ゆっくり書きます。

しかし、またアプリ開発がメンドくさくなるなぁ。。。

 

グラフィック性能が大幅に強化
②クアッドコアのA5Xチップ、グラフィックプロセッサ

 

グラフィックじゃないCPUは同じA5Xでもデュアルコアなのに、グラフィックはクアッドコアですか。
これまたやっぱり目玉なんでしょう。第3世代iPadの。
そりゃぁもう、高解像度でグラフィック性能も大幅に強化しちゃったのにCPUがパワー不足じゃぁ「今までと何か変わった?」ってなっちゃいますもんね。

動画もアプリもサクサク快適に動く、そのための脳みその強化ですね。
まぁ、きっと、メモリも増えてるんでしょうけれども。

初めてパソコンを買おうと決めた時に、CPUとかメモリとかのバリエーションがあったんです。
でも、どれを選んだら良いか判らないし、そもそも早いとか大きいとか言われても、何がお得で何がすごいのか全く見当がつきませんでした。
そんな時に、何かの記事で読んですごく判りやすかった例えがありました。

CPUとメモリとHDDは、仕事机で例えると判りやすい

CPUは人、メモリは机の上の広さ、HDDは机の引き出しだ、と。
んで、人がものすごく優秀でも机が狭すぎると仕事が捗らない、とか、
机の狭さを補うために頻繁にHDDから出し入れすると仕事が捗らない、とか、
HDDが遅い=引き出しの開け閉めがしづらいと仕事が捗らない、とか、
机の上がものすごく広くても、人の頭の回転が遅いと、結局仕事は捗らない、とかとか。

 

あ、いつも通り脱線しましたね。本題の続きに戻りましょう。
で、なんでしたっけ、クアッドコアになったんですよね。
まぁ、例えるならば、グラフィック処理専門の優秀な人が4人に増えた、ということですね。
いっぺんにいろいろと仕事が捌けます。これ、すごいことだと思います。
映画がすごくきれいに見られるんだろうな。見てみたいな。
iTunes Store で iPadもHDで映画をレンタルできたなー、そういえば。そうだ、そうでした。

iPod、iPhone、iPadで映画をレンタルする
http://www.apple.com/jp/itunes/features/#rentingmovies

 

出張で暇な空き時間ができちゃう夜とか、移動時間が長い時に子供に見せるとか、後でゆっくり書いてみようっと。

 

最高に美しく撮れるカメラ
③5メガピクセルiSightカメラ
④1,080p HD動画の撮影

 

ごめんなさい。
正直なところ、あんまり惹かれなかったです。
どなたか魅力を教えてください。。。
あ、レンズがf2.4ってのは素敵ですね♪

 

超高速ワイヤレス接続
⑤4G LTE対応&⑥専用ホットスポット機能

 

ただし、専用ホットスポット機能は通信事業者が対応しないとダメだと明記されてますね。
ソフトバンクさんのウェブサイトではまだiPad2のままなので、その辺のことは明日確認してみようっと。
—– 2012/03/12 追記 ———————
ソフトバンクさんのウェブサイトには、まだ何とも触れられていません。(2012年3月12日現在)

かつ、ソフトバンクさんのウェブサイトでは「現在、日本国内ではSoftBank 3Gエリアでご利用いただけます」と記載がありますので、残念ながら日本国内では 4G LTE は当面堪能できそうにありませんね。いや、ホント、残念です。
———————————————-

あ、本題を忘れるところでした。

タラレバのお話をします。
日本国内でも 4G LTE対応&専用ホットスポット機能に対応できるようになったとしたら、という前提です。

4G LTE対応って、要は、3G回線と比べ物にならないくらい早い!ということですよね。
しかも専用ホットスポット機能、つまり、俗に言われるテザリング機能。
ということは、4G版の第3世代iPadを持っていれば、iPhoneもノートPCも高速回線でネットにつながるわけですね。
しかも最大5台まで接続できるので、他の人のも一緒に高速インターネット。素敵です。

が、おいらにとっては、正直なところどーでもいいですよ、という気分です。
iPadでテザリング対応されてもなぁ。メリットを感じないなぁおいらは。
いや、もちろん利用シーンによってはものすごく活用できることは想像できるので大歓迎なのですけれどもね。
だけれども、なんですよ。おいらはiPadは持ち歩き前提で考えているので、テザリングのための通信機器としてはiPadはデカすぎだし、邪魔なんじゃなかろうか、と、思う訳です。
iPhoneでLTE&テザリング、KDDIさん、やってくださいませんか?
そしたらすぐに個人携帯のINFOBAR2から機種変します。
イーモバイルのWi-Fiルーターを買おうかなー、とか、UQ-WiMAXのモバイルルーター買おうかなぁとか、この一年間悩んでいたのですが、うーむーむーむー。
後でゆっくり悩もう。
じゃぁ、何が素敵なんだ、というお話に戻します。

今回の発表のタイミングでは、通信事業者として対応するのはソフトバンクさんからだけでした。

が、KDDIさんもCellular版(4G版)を販売するようになったら、法人での導入が一気に加速すると思うんです。おいら。
KDDIさんの携帯の法人契約って魅力があると思うんですよ。
スマホ、もしくはiPhoneの料金とiPad+LTEの料金の抱き合わせとかで、素敵なメニュー構成とかやりそうです。
すると、法人でのiPadの導入が加速する。
すると、法人でのiPad活用のためのアプリやクラウド連携サービスがもっと盛り上がる。
すると、法人でiPadを導入して業務変革・業務革新につながるアプリの開発に、大手SIerさんが参入する。
すると、低価格化まっしぐらのWindows系の開発でコスト削減の嵐で体力を消耗しきって疲弊しいたソフト開発業界がiOSアプリ開発で盛り上がる。
すると、MDM(モバイルデバイス管理)が進んで、個人所有のiPad/iPhoneを業務利用しやすくなる。
世の中、もう一度楽しくなるのかなぁとか、勝手に期待しています。

で、KDDIさんに負けじとソフトバンクさんが面白いメニュー構成を考えてくれれば、素敵な予感がしませんか?
おいらだけですかね、すみません。

 

声で文字を打とう
⑦音声入力

こっぱずかしいですけれど、便利ですよね。音声入力。
「東京スカイツリー 重さ」とか音声検索だけじゃないんですよ。
ソフトウェアキーボードの入力の代わりに音声入力ができるんですよ。日本語で。
議事録作るのが楽になるなー、なんて、くだらないことを思いつくあたり、おいら疲れてますね。

 

さて、まとめです。

 

日本時間で2012年3月8日の今日、iPad2の後継機として魅力的なパワーアップを携えて新型iPadが発表されました。

その名は、第3世代iPad
Retina ディスプレイで縦2,048×横1,536pxサイズの解像度。

第3世代iPadを買うか、買わないか。
おいらは迷わず買います。

もしも、第3世代iPadを買うべきか悩んでいると相談されたら、
迷わずiPadを買うべきだと答えます。
ただ、もしも今、初代iPadもiPad2も持っていなかったら、一年前と同じように、第3世代iPadを買うか、買わないか悩み始めていたと思うので、次回以降、下記の8つのネタを、3月16日の発売まで掘り下げながら、買うか、買わないか悩むならこう考えるなーという記事を書きたいと思っています。
・第3世代iPadを買うなら、色は黒か、白か
・モデルはWi-Fi版かWi-Fi+Cellular(4G)版か
・ストレージは16GBか32GBか64GBか
・Retina ディスプレイってだけで購入動機になるのか?
- ユーザー視点とアプリ開発者視点で掘り下げようかな。
・初代iPad/iPad2よりもちょびっと厚く、重くなったけど買うか?
- スペックの特徴とその特徴の強み探しをしようかな。
・4G LTEの第3世代iPad関連プランの特長
- 25ヶ月総額
- あまり使わない人にお勧めの通信契約タイプ
- ガンガン使う人にお勧めの通信契約タイプ
- そんなにホントに早いのか?

さて、出勤前にちょっと眠ろうっと。

2 Comments

  1. nanaco says:

    記事いろいろ読ませてもらいました!
    わかりやすくて、読みやすい記事ですね!
    更新楽しみにしてます!

  2. じょに~ says:

    nanacoさん
    嬉しくなるコメントをありがとうございます!
    眠い目をこすりながら書いた甲斐があります。
    このサイトへ楽しく通っていただけるような記事を心掛けます!

Leave a Reply