これまで買わない理由を挙げて、それぞれを掘り下げてみたところ、ほぼ、理由になっていなかったというレベルの他愛も無い悩みでした。
振り返ってみます。

iPadを買わない理由は、、、

iPadは重い(iPad2は重そう)

iPad2 Wi-Fi: 601g
iPad2は、500ml入りペットボトル1本とちょっとの軽さです。厚めの雑誌と同じくらいですかね。

ノートPCじゃないとできないことって、どのくらいあるのかな。と考えてみた結果、iPadがあれば殆どのことは足りるんじゃなかろうかということにも気づきました。
ノートPCは片手で掴んで片手で操作するなんて芸当はできません。機体の厚みもあるし何よりデザインがゴツイ。
ノートPCと比べたらiPadなんて常に雑誌を持ち歩いているのと同じ程度の軽さですから、iPad2の重さは問題にならないと思い至ったわけです。

 

iPadは大きい(iPad2は大きそう・邪魔っぽい)

iPadは、ほぼB5サイズということが判りました。
なので、仕事用の鞄に入れるのであればちょうど良さそうですし、お出掛けとかで持ち歩く時は、iPadに合わせてバッグの大きさを選べば問題ないんです。
『iPadが入って出掛ける時に持ち歩くモノが入る』視点でのバッグ選び。すでにそのような選択をしている人は多いんでしょう。きっと。

iPadはB5サイズということが判ったことで、iPadの購入に気持ちがぐぐぐっと傾いています。

 

iPadは高い

掘り下げるまでは『学生さんとか独身社会人には痛くないんだろうな、きっと』とか『結婚していても共働きなら余裕っぽいな』とかとか、さらには『うちみたいに子供が小さいと子供の衣食と教育費が優先な家庭には敷居が高いな』なんぞととってもネガティブに考えていました。iPadのお値段。
んがしかし、ポジティブに掘り下げてみたら、なんということでしょう。
肩こり・腰痛の緩和のための湿布とか塗り薬の費用とかを考えたら、それらから開放されて、更に他にも色々できる。
PCの起動を待っててイライラしてご機嫌ナナメになる奥さんをなだめる精神的重労働からも解放される。

そのためならば、食べ過ぎていた分の食費を削ったり、おやつを止めるとかでムダを削り取ればiPadの購入費用は捻出できることもわかりました。
iPad購入費用はきっとどこからか捻出できる。


iPadもiPad2もすぐ壊れそう

朝は極力早く出勤する
夜は終電の数本前に帰るようにする

これを徹底するしかないかな。不安ですけれども。これを言い出したら一生買えないですね、iPad。

 

すぐにiPadの新型が発表されそう

掘り下げた結果、iPadやiPad2を買った後すぐに新型が出る前提でiPad2を買うか買わないかを考えたんです。
ここだけ読むと相当ネガティブ発言ですけど、ポジティブ、真剣そのものです。

iPadの新型や魅力的な競合品が次々と現れても冷めないか?も、考えてみましたら、よっぽどのスペシャルリニューアルでもなければ、新型が出ても大丈夫っぽいですね。

思い立ったが吉日って言いますし、鉄は熱いうちに打てとも言いますし。
iPad2が欲しくてたまらないうちに買った方が良さそうです。


・iPadは難しそう

難しそう、を、面倒臭そう、に置き換えてみました。

その結果、誰かが勧めてくれるアプリを片っ端から試してみるという、暴挙とも思えるワザが見つかりました。
それであれば『iPadアプリを探す時間、手間が面倒』なのと『どんなiPadアプリを入れたら良いか判らない』という問題は一挙に片が付くように思えます。

iPadアプリを探す手間と時間を、楽しもう、という発想ですね。

 

iPad2の用途が思い付かない

用途に合うアプリ探し=幸せになるためのアプリ探しという視点に置き換えてみました。
AppStoreで紹介されている無料アプリとか、誰かが紹介してくれているおススメiPadアプリをどんどん入れて、気に入らなかったらどんどん削除すれば良いかな~と楽観的に考えることができるようになりました。
そのうち、探し方のコツも掴めてくる予感もあります。

 

iPadはすぐ飽きそう

実は根本的な原因になっていたようですけども、買っちゃえばなんとかなりそうという程度の問題だということも判りました。
すごいプラス思考。

 

ということで、iPadを買うか、買わないかの結論は、

買います。です。

iPad2を買う予算があるならその分を寄付したらどうだという友人も居ますが、iPad2を買ってiPad2で稼いだお金の一部を寄付したいです。
自己満足ですけれど、購買そのものも大切じゃないかと考えていますから。

ちと、堅苦しかったですね。

Leave a Reply