満員電車で通勤通学している方にいつも質問しているんですが、満員電車のあの寿司詰め状態で通勤している時に、iPadのガラスの画面にピシッとヒビが入ったり、バキバキっと割れたりしないんですかね。
それが怖いから早起きして、空いている時間に出勤するようになったという同僚がいます。
あ、終電は、遅延するとドアが閉まらないほどギュウギュウ詰めになることもあるし、ずらしたくてもずらせないから二~三本早目に帰るようになったって同僚もいましたかね。
あばら骨にヒビが入るんじゃないかってくらいのギュウギュウ電車、経験ありませんか?

さすがにそこまでの根性はおいらには無いなぁ。
いや、もしかしたら、ゆったり座ってiPadを堪能するために早起きして早めに出勤したり、激混みにならないように終電よりも若干早く切り上げて帰ったりするかもしれないですけれども。

iPadとiPad2の大きさはほぼB5でしたね。
画面のサイズはほぼA5です。
素材はアルミだとアップルさんのiPad2のページに記載してあります。

・どんな時に壊れそうなんだろう?
うっかり硬い床に、立っている時に小脇から iPad2を滑り落としたりしたら、そりゃぁ割れるなり壊れるなりするんでしょう。

MacBookProでもMacBookAirでもノートPCでも壊れますよね。きっと。

・一番懸念している壊れそうなシーン
でも、MacBookAirとかノートPCが辛うじて壊れなかったけど、液晶画面が割れるんじゃないかと心配しながら乗り込むような満員電車。

年に何回かある、何らかのトラブルが原因で電車が遅延してギュウギュウ詰めになるあの混雑に iPadやiPad2は耐えられるのか心配です。
かと言って、耐えられるのか実験するような予算はないですし、そんな事を試す時点で iPadがかわいそうです。

大丈夫なんですかね?

そんな満員電車に遭遇した時には、得てして引き返して家or会社に iPadを置いてくるような時間的余裕はありません。
『iPadが砕けそうなほど満員電車だったので iPadを置きに帰ったから遅刻します』なんて理由は、まだまだ通用しません。
いや、一生通用しないと思いますけども。
通用する会社があったりして。
帰宅時に溢れるほどの満員電車だとわかって会社に引き返したら、たぶん終電が無くなって、タクシーで帰宅したら1万円が飛んで行きます。
iPad2購入のために食費を削ろうかと思っているようなおいらには、ありえない出費です。

かと言って、画面が砕けたからって買い換える予算は無いはずだし。
Apple Care って、こういう破損は修理してもらえるのかなぁ。今度アップルさんに聞いてみよう。

・ということで、まとめ
・朝は極力早く出勤する
・夜は終電の数本前に帰るようにする

これを徹底するしかないかな。
それでも最後の最後まで超満員電車だったら、、、4時間半かけて歩いて帰宅しようっと。。。

ということで『iPadがすぐ壊れそうだから買っていないという理由』は、乗り越えられる試練だと判りました。

あ、そうとうな満員電車までなら任せて~!というiPadケースとかがあるのかも、後でゆっくり探してみようっと。

Leave a Reply